森市文具概論

【文具ソムリエール菅未里の文具相談室】きょうだいの仲が良くなる文房具?

  • 2017年08月15日

こんな暑さが続いているのに、夏休みの子どもたちは元気ですね。グラウンドでは野球少年たちが、河川敷では魚獲りの少年たちが駆け回っています。

しかし夏場に大変なのは、洗濯です。子どもは汗だくになりますから、1日2回の洗濯が必要なことも……。おっと、お客さまです。いらっしゃいませ。

布に書けるペン……ですか? 用途は……なるほど、お子様の服のタグに名前を書きたい、と。

今回のお客様は、女の子2人姉妹のお母さまです。お子さまたちの服を洗濯していると、どの服がどっちの子のものか分からなくなってしまう。だからタグにそれぞれの名前を書いて判別したいのだが、そのためのペンがないか、ということです。

わかります。私も子供のころ、姉と服を入れ違えられて悔しい思いをしたことがあります。子供にとっては大事なんですよ、「自分の服」って。

しかしです。この用途の場合、ペンはお勧めしません。たとえば私の場合、未里の「M」という文字をタグに書いていたのですが、これがけっこうわかりにくい。白地のタグに黒いペンで文字を書いても、タグは小さいですから、一瞬で判断できないんです。

でも大丈夫です。ペンよりもいいものがあります。それがこの「NUNODECO」。

NUNODECOは、布やガラス、金属に張ることができる布製のデコレーションテープです。柄が豊富なのでいろいろなデコレーションが楽しめるのですが、これ、上に文字が書けるんですよ。お子さまの好きな色や柄のものをアイロンで接着すれば、一目で見分けることができます。

え? アイロンをあまり使わないので面倒? それならばこちら。アイロンなしで張れる「タグペタラベル」。NUNODECOと同じく㈱KAWAGUCHIの製品です。タグペタラベルは、名前の通り、持ち主の名前を書いて洗濯ラベルに貼る用途に特化したラベルです。8つの柄が用意されていますから、ぱっと見で判別できるのも強みです。無地もありますから、大人にも使えますね。

このような商品が作られるということは、お客様と同じお悩みを持っている方も多かったのでしょうね。ああ、私が子どものころにNUNODECOやタグペタラベルがあればなあ……。