カテゴリー別アーカイブ: 総合

デビカ様ホームページに掲載されました

  • 2017年07月25日

開催中の「よいことおうちの文具」展が、株式会社デビカ様のお知らせに取り上げられました。
また、展示中の「ライフスタイルツールらいおんB5」が2017夏の文紙フェアで「文紙フェア大賞」の金賞を受賞いたしました。
リンクしましたのでご一読いただければ幸いに存じます。

https://debika.co.jp/news/

モリイチイベント「テプラの歴史とキングジムの90年」展 開催のお知らせ

  • 2017年07月19日

キングジムの創業は1927年。
「特許人名簿」「印鑑簿」を発売し、両商品より1文字ずつを取って社名を名鑑堂(めいかんどう)としました。
1961年、株式会社キングジムに改称。
1964年に発売された「Gファイル」(現:キングファイルG)は、優れたデザインと高い機能性によって、日本のオフィスのスタンダードファイルとして定番になりました。
そして1988年、ラベルライター「テプラ」を発売します。
初めはファイルの背見出し表記用として発売しましたが、さまざまな場所に手軽にラベルを貼りつけられる利便性から、工場や店舗・オフィスなどで幅広く使われるようになりました。
発売から約30年後の2017年現在、累計販売台数は950万台を突破し、いまや「テプラ」という登録商標がラベルライターの代名詞になるほど、オフィス・家庭で広く使われるロングセラー商品となっています。

このたび当店では、懐かしいダイヤル式をはじめとした馴染み深い「テプラ」や過去のファイル製品、
「独創的な商品を開発し、新たな文化の創造をもって社会に貢献する」という経営理念のもと作られた最新のデジタル文具・女子文具を展示いたします。
この機会にぜひお立ち寄りください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
開催日:8月3日(木)~8月29日(火)
平日 9:00~18:00/土曜11:00~17:00

会場: モリイチ京橋店 2階イベントスペース
(住所:東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル)

アクセス:JR「東京駅」八重洲中央口 徒歩5分
東京メトロ銀座線「京橋駅」7番出口 徒歩2分
料金:無料

夏休み向け企画「よいことおうちの文具」展 開催のお知らせ

  • 2017年07月03日

こどもは「ものを作る」ことが大好き。でも、毎日の生活のなかでは「ものを作る」時間と材料がなくて…
そこで、夏休み前なので、こどもと一緒に何かを作りたいな、と思っているパパさんやママさんに、
おうちで出来る文具をご紹介いたします。
実際に粘土に触っていただけますしオーブンもご用意しています。
陶芸ができる陶芸粘土のセットと絵付用のペンセットもあります。
そのほか、風船でカタチを作ってみたり、組立が簡単な飛行機、外に出て風の流れを感じるようにシャボン玉セット、いろいろ書けて消せる日本地図と世界地図、おはじき、びーだま、かみふうせん。
そして、おかたづけ が出来るように おどうぐばこ と多数ご用意いたしました。
手の感触を養い、外の空気を感じて、自由な時間を充実したものにしてください。

協力:株式会社デビカ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
開催日:7月6日(木)~7月29日(土)
平日 9:00~18:00/土曜11:00~17:00
会場: モリイチ京橋店 2階イベントスペース
(住所:東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル)
アクセス:JR「東京駅」八重洲中央口 徒歩5分
東京メトロ銀座線「京橋駅」7番出口 徒歩2分
料金:無料

モリイチイベント「ここにしかない鉛筆」展スペシャルトークショー

  • 2017年05月24日

モリイチイベント「ここにしかない鉛筆」展、開催期間中の6月7日(水)18時から19時までトークショーを実施いたします。

★小日向 京(こひなた きょう)さん トークショー★
著書『考える鉛筆』には、鉛筆が与えてくれる様々な感情や感触、そして思考する際の道具として、など、鉛筆との付き合い方を、愛情を持って書いていらっしゃいます。
鉛筆のカタチや、鉛筆削りをはじめとする鉛筆にまつわるモノのお話はもちろん、削る楽しみ、香る愉しみ、愛でる愉しみなど、ココまで鉛筆と戯れて堪能するか、という鉛筆との恋愛話を、お聞かせいただきます。

場所:モリイチ京橋店2F
入場:無料
イス席:15席、立ち見OK

この機会にぜひ八重洲文具室(モリイチ京橋店2Fギャラリースペース)へ!

モリイチイベント「ここにしかない鉛筆」展 開催のお知らせ

  • 2017年05月15日

鉛筆は誰もが使ったことのある筆記具です。
♪えんぴつが一本 えんぴつが一本 ぼくのポケットに~と、小学生の頃唄った方も多いと思います。
ちなみに毛筆、万年筆、ボールペンの歌を私は知りません。
そんな小さな頃から、特別な親しみのある鉛筆で、おとなの感性を満足させる鉛筆の展示をいたします。
モノへのこだわり、製品から受ける確かさなど、鉛筆だけではなく“コレクション”“研究対象”という概念を敷衍して考えていただきたい展示です。

この度、日本屈指の鉛筆コレクターのコレクションの中から、コーリン鉛筆を中心に、魅力あふれる鉛筆を展示いたしました。
鉛筆の書き心地、緑色と小豆色の塗装、軸のニスの光沢、軸に刻まれた金箔の刻印、削った時の芳しい香り。
ここでしか体験できない鉛筆の世界を、是非ご堪能ください。

今回のイベントでは、『考える鉛筆』の著者であり『趣味の文具箱』に起稿されている
小日向 京(こひなた きょう)さんのトークショーも予定しております。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

開催日:6月5日(月)~6月30日(金)
平日 9:00~18:00/土曜11:00~17:00

会場: モリイチ京橋店 2階イベントスペース
(住所:東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル)

アクセス:JR「東京駅」八重洲中央口 徒歩5分
東京メトロ銀座線「京橋駅」7番出口 徒歩2分
料金:無料

モリイチイベント「丈夫な文房具」展 開催のお知らせ

  • 2017年04月17日

折れない、剥がれない、破れない、壊れない、消えない、はずれない、
そう云う丈夫な文房具をご紹介いたします。

昭和40年代に“象が踏んでも壊れない”というテレビCMが放映された
サンスター文具の「アーム筆入」や、昨今はやりの“折れない“シャープペンシル、
耐水性の紙を使った測量野帳やメモ、超丈夫なクリアホルダーにインデックスなど、
丈夫な文房具を揃えました。
その他にも、磁力が強く重たいものを吊り下げても大丈夫なコクヨの強力マグネットフック、
割れないトレーはソニックのメガタフトレー、水を弾くオキナのワックスペーパーマチ付封筒、
レジェンドと云っても過言ではないカールの鉛筆削り器、強靭な刃のハサミとシュレッダー、
強力に貼れるトンボのスティックのり、耐老化性に優れた基材を用いたニチバンの布粘着テープ、
マルマンの水に強いスケッチブックなど、この機会に是非、御手に取ってご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

開催日:4月27日(木)~5月31日(水)
平日 9:00~18:00/土曜11:00~17:00

会場: モリイチ京橋店 2階イベントスペース
(住所:東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル)

アクセス:JR「東京駅」八重洲中央口 徒歩5分
東京メトロ銀座線「京橋駅」7番出口 徒歩2分
料金:無料