カテゴリー別アーカイブ: 総合

モリイチイベント「文具営業専門家が売りたくなる「○○の秋」文具」展 開催のお知らせ

  • 2017年08月31日

今回のイベントは、今年3月に開催した NEXTswitch株式会社 “文具営業専門家”のセレクトしたベンチャー文具の企画の第二弾です。
この度は、『 文具営業専門家が売りたくなる「 〇〇の秋 」文具 』というテーマで開催いたします。

「 〇〇の秋 」には、味覚や食欲の秋、読書の秋、芸術の秋、行楽の秋、スポーツの秋などがあります。それぞれのテーマを切り口にした文具のご提案をさせて頂きます。

秋刀魚や栗、柿や松茸など秋ならではの食べ物が旬を迎えます。過ごしやすくなり、自然は私たちに感覚をよみがえらせ、楽しみを与えてくれます。夏の時期に疲れてしまった体を癒し、理性的にしてくれます。色鮮やかで季節感を映した食べ物に対して食欲は増し、暑さで陽炎と化した知性や感性ももどってきます。私たちは心と体の栄養を取り込もうとするのです。

秋の文具は、紅葉で色とりどりの山の景色のように、また、さまざまな形の落ち葉があるように、普段あらゆるものが溢れている中で、その中で、一つ一つの価値観が伝わってくると、「 なるほどな! 」と納得し、ワクワクと活力を実のらせてくれます。

「 読書の秋 」
文具とのかかわりがもともと深いので、ブックカバーやしおりなどが思い浮かびますが、それらのアイテムにも、イノベーション(革新)が起きている文具がありますし、作り手の思いが存分に込められています。

「 芸術の秋 」
今まで普段使っていたものが、加工技術で素晴らしく変身したものをご覧いただきます。

「 スポーツの秋 」
なるほどこれはスポーツに関するものだと思っていただける商品をご用意いたしました。

「 行楽の秋 」
涼しくなり、週末にはいろいろなところへ出かけたくなりますね。そんな時に一緒に持って行ってほしいものを並べます。

この機会にぜひお立ち寄りください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
開催日:9月1日(金)~9月30日(土)
平日 9:00~18:00/土曜11:00~17:00

会場: モリイチ京橋店 2階イベントスペース
(住所:東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル)

アクセス:JR「東京駅」八重洲中央口 徒歩5分
東京メトロ銀座線「京橋駅」7番出口 徒歩2分
料金:無料

デビカ様ホームページに掲載されました

  • 2017年07月25日

開催中の「よいことおうちの文具」展が、株式会社デビカ様のお知らせに取り上げられました。
また、展示中の「ライフスタイルツールらいおんB5」が2017夏の文紙フェアで「文紙フェア大賞」の金賞を受賞いたしました。
リンクしましたのでご一読いただければ幸いに存じます。

https://debika.co.jp/news/

モリイチイベント「テプラの歴史とキングジムの90年」展 開催のお知らせ

  • 2017年07月19日

キングジムの創業は1927年。
「特許人名簿」「印鑑簿」を発売し、両商品より1文字ずつを取って社名を名鑑堂(めいかんどう)としました。
1961年、株式会社キングジムに改称。
1964年に発売された「Gファイル」(現:キングファイルG)は、優れたデザインと高い機能性によって、日本のオフィスのスタンダードファイルとして定番になりました。
そして1988年、ラベルライター「テプラ」を発売します。
初めはファイルの背見出し表記用として発売しましたが、さまざまな場所に手軽にラベルを貼りつけられる利便性から、工場や店舗・オフィスなどで幅広く使われるようになりました。
発売から約30年後の2017年現在、累計販売台数は950万台を突破し、いまや「テプラ」という登録商標がラベルライターの代名詞になるほど、オフィス・家庭で広く使われるロングセラー商品となっています。

このたび当店では、懐かしいダイヤル式をはじめとした馴染み深い「テプラ」や過去のファイル製品、
「独創的な商品を開発し、新たな文化の創造をもって社会に貢献する」という経営理念のもと作られた最新のデジタル文具・女子文具を展示いたします。
この機会にぜひお立ち寄りください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
開催日:8月3日(木)~8月29日(火)
平日 9:00~18:00/土曜11:00~17:00

会場: モリイチ京橋店 2階イベントスペース
(住所:東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル)

アクセス:JR「東京駅」八重洲中央口 徒歩5分
東京メトロ銀座線「京橋駅」7番出口 徒歩2分
料金:無料

夏休み向け企画「よいことおうちの文具」展 開催のお知らせ

  • 2017年07月03日

こどもは「ものを作る」ことが大好き。でも、毎日の生活のなかでは「ものを作る」時間と材料がなくて…
そこで、夏休み前なので、こどもと一緒に何かを作りたいな、と思っているパパさんやママさんに、
おうちで出来る文具をご紹介いたします。
実際に粘土に触っていただけますしオーブンもご用意しています。
陶芸ができる陶芸粘土のセットと絵付用のペンセットもあります。
そのほか、風船でカタチを作ってみたり、組立が簡単な飛行機、外に出て風の流れを感じるようにシャボン玉セット、いろいろ書けて消せる日本地図と世界地図、おはじき、びーだま、かみふうせん。
そして、おかたづけ が出来るように おどうぐばこ と多数ご用意いたしました。
手の感触を養い、外の空気を感じて、自由な時間を充実したものにしてください。

協力:株式会社デビカ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
開催日:7月6日(木)~7月29日(土)
平日 9:00~18:00/土曜11:00~17:00
会場: モリイチ京橋店 2階イベントスペース
(住所:東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル)
アクセス:JR「東京駅」八重洲中央口 徒歩5分
東京メトロ銀座線「京橋駅」7番出口 徒歩2分
料金:無料

モリイチイベント「ここにしかない鉛筆」展スペシャルトークショー

  • 2017年05月24日

モリイチイベント「ここにしかない鉛筆」展、開催期間中の6月7日(水)18時から19時までトークショーを実施いたします。

★小日向 京(こひなた きょう)さん トークショー★
著書『考える鉛筆』には、鉛筆が与えてくれる様々な感情や感触、そして思考する際の道具として、など、鉛筆との付き合い方を、愛情を持って書いていらっしゃいます。
鉛筆のカタチや、鉛筆削りをはじめとする鉛筆にまつわるモノのお話はもちろん、削る楽しみ、香る愉しみ、愛でる愉しみなど、ココまで鉛筆と戯れて堪能するか、という鉛筆との恋愛話を、お聞かせいただきます。

場所:モリイチ京橋店2F
入場:無料
イス席:15席、立ち見OK

この機会にぜひ八重洲文具室(モリイチ京橋店2Fギャラリースペース)へ!

モリイチイベント「ここにしかない鉛筆」展 開催のお知らせ

  • 2017年05月15日

鉛筆は誰もが使ったことのある筆記具です。
♪えんぴつが一本 えんぴつが一本 ぼくのポケットに~と、小学生の頃唄った方も多いと思います。
ちなみに毛筆、万年筆、ボールペンの歌を私は知りません。
そんな小さな頃から、特別な親しみのある鉛筆で、おとなの感性を満足させる鉛筆の展示をいたします。
モノへのこだわり、製品から受ける確かさなど、鉛筆だけではなく“コレクション”“研究対象”という概念を敷衍して考えていただきたい展示です。

この度、日本屈指の鉛筆コレクターのコレクションの中から、コーリン鉛筆を中心に、魅力あふれる鉛筆を展示いたしました。
鉛筆の書き心地、緑色と小豆色の塗装、軸のニスの光沢、軸に刻まれた金箔の刻印、削った時の芳しい香り。
ここでしか体験できない鉛筆の世界を、是非ご堪能ください。

今回のイベントでは、『考える鉛筆』の著者であり『趣味の文具箱』に起稿されている
小日向 京(こひなた きょう)さんのトークショーも予定しております。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

開催日:6月5日(月)~6月30日(金)
平日 9:00~18:00/土曜11:00~17:00

会場: モリイチ京橋店 2階イベントスペース
(住所:東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル)

アクセス:JR「東京駅」八重洲中央口 徒歩5分
東京メトロ銀座線「京橋駅」7番出口 徒歩2分
料金:無料